作業員

施設や一般家庭におすすめな屋上の防水工事

屋内での雨漏りを防止

ベランダ

塩化ビニルやゴムのシート

ベランダの床に侵入した雨水は、床下を通って屋内にも入り込んでいくことがあります。つまり屋内での雨漏りは、ベランダの床が原因となっていることもあるわけです。したがって雨漏りを防ぐためには、ベランダでの防水工事をしっかりとおこなっておくことが肝心と言えます。防水工事は、多くの場合はベランダの床に、塩化ビニルまたはゴムのシートを敷くという方法でおこなわれています。塩化ビニルにしてもゴムにしても雨水を弾くので、これらを隙間なく敷いておけば、ベランダの床は雨水から守られるのです。ただしシート自体は劣化していくので、防水工事は10年に1回ほどの頻度でおこなうことが大事です。とはいえシートを敷いて固定するだけですから、ベランダの広さにもよりますが、この防水工事は1〜2日で完了します。

FRPでより頑丈に

また昨今では、FRPと呼ばれている、ガラス繊維を混ぜ込んだ特殊なプラスチックによる防水工事もおこなわれるようになっています。ガラス繊維にもプラスチックにも撥水性がありますし、これらを混ぜることで強度は一層高くなります。そのためこれを使った防水工事後は、ベランダは雨水だけでなく強風などの衝撃からも守られやすくなるのです。またFRPは、最初は液状をしているので、ベランダの防水工事では、硬化剤を使って塗り固めていくことになります。液状ですから、コーナーや狭い部分にも、隙間なく塗ることができます。こういった場所での作業が、シートを敷く場合と比較するとスムーズに進むので、その点からもFRPによる防水工事は注目されています。