作業員

施設や一般家庭におすすめな屋上の防水工事

雨漏りは早急に修理を

雨漏り

防水工事の方法

築年数が古い建物だと、経年劣化による傷みが雨漏りに繋がる場合があります。雨漏りは、外壁の継ぎ目や壁面のひび割れ、雨排水管やダクト部分の破損などが原因となり起こります。雨漏りを放っておくと、天井や壁などに雨水が溜まり、更なる傷みを引き起こしてしまいます。屋根瓦がずれていたり、壁にカビが生えていたら、早急に雨漏り修理を行う方が良いでしょう。雨漏り修理は、雨漏りの箇所と状況に合った方法で行います。雨漏りを防ぐ防水工事には、ウレタン防水、ゴムシート防水、ガラス繊維強化プラスチックを使用したFRP防水、アスファルト防水などの工事があります。それぞれにメリットデメリットがあるので、しっかり検討して方法を決めましょう。

信頼できる専門の業者に

インターネットのサイトなどには、雨漏り修理の方法などの記載もたくさんありますが、自分で行うのはやはり危険が伴います。雨漏りは、正確な箇所を把握するだけでも大変です。雨水は建物の中を通って出やすいところから出てくることため、雨漏りしている箇所を突き止めるだけで多くの時間がかかってしまいます。また、屋根から雨漏りしている場合、自分で雨漏り修理するのは落下の可能性があり大変危険です。屋根を歩くことで、屋根材を壊してしまうこともあるので、自分で修理をするのは控えた方が良いでしょう。信頼できる専門の業者に依頼すると安心です。費用面だけで業者を選ぶと、応急処置しかしてくれないこともあるので、その点は慎重に選ばなければなりません。